多動症 特徴 5歳

5歳までに見られる多動症の特徴とは?

多動症の5歳児の特徴

 

子育てをしていると、「うちの子供は落ち着きがなくじっとしていられない」「他の事比べると、うちの子はなんだか違う気がする」など、お子さんの事で悩んでいる親御さんはとても多いと思います。

 

特に、最近はテレビや雑誌で子供の多動症や注意欠陥などの特徴を紹介している事もあるので気になりますよね?

 

そこで、多動症や注意欠陥などのADHDの5歳までに見られる特徴を調べてみました。

 

注意して欲しいのは、5歳までにこれらの特徴が見られるからといって多動症などのADHDだと決めつけないで欲しいという事です。

 

5歳を過ぎると急に症状が落ち着くこともあるので、子供の特徴を理解して成長を見守る事もとても大切です。

 

これから多動症の特徴や注意すべき点などを紹介していくので、ぜひ参考にして下さいね。

 

多動症の特徴、5歳までに見られる症状とは?

 

落ち着きがない

 

いつもソワソワしていたり落ち着いて人の話を聞けないなど。

 

じっとしていられない

 

「ここで待っていてね」と言っても、待っていられない、思いついたらすぐに動いてしまう。

 

突然叫ぶ、癇癪を起こす

 

これらが多動症の特徴なのですが、5歳までの小さいお子さんにはよく見られることなので判断がとても難しいです。

 

5歳をすぎて小学校などに上がる時にもこれらの症状が治まらない時は、医師に相談してみた方が良いかもしれません。

 

しかし、最近は小学校入学前に就学時検診を行うので気になる方はここで相談してみると良いですね。

 

地区によって違いはありますが、5歳ごろに検診のお知らせが届くと思います。

 

自己判断は危険!医師に相談してみましょう

 

最近はいろいろな情報が簡単に手に入りますが、間違った情報もあるので惑わされないように気を付けましょう。

 

5歳までの子供は落ち着きがないですが、小学校に入学して学校生活が始まるといつのまにか人の話をおちついて聞けるようになっている事もあります。

 

自分の子供が多動症の特徴に当てはまったとしても、医師の診断を受けると多動症ではなかったという話はよく聞きます。

 

多動症の特徴を抑える薬、副作用の心配は?

 

多動症は、病院に相談すると薬による治療ができることもあります。

 

あまり小さいうちから薬を飲ませることはオススメできませんが、5歳くらいから薬による治療を開始する事ができます。

 

多動症などにみられる多動、衝動などの症状に薬はとても効果があり飲むだけで症状がおさまって日常生活が送りやすくなる子がたくさんいます。

 

しかし5歳を過ぎて服用を開始しても薬がまったく効かない子もいますし、不眠、頭痛、食欲減退などの症状が出てくる子もいるので注意が必要です。

 

多動症に効く漢方やサプリもあるんです

 

あまり知られていませんが、多動症には症状を抑えるための漢方やサプリメントもあります。

 

漢方は漢方薬局などに相談すると処方してもらえます。

 

サプリメントは通販限定のものが多いのですが、インターネットで検索するとたくさんの種類が出てきます。

 

「子供にサプリを飲ませるのは心配」と思う親御さんも多いのですが、多動症の症状を抑えるサプリメントは大豆由来の成分で子供用に作られているのでとても安全です。

 

薬と違って副作用の心配もないので、気になる方は検索してみて下さい。

 

5歳以下のお子さんも飲む事ができます。

 

育て方のせいじゃない!多動症は遺伝や環境要因に原因があることも

 

自分の子供が多動症の特徴にあてはまった時に、「育て方が悪かったのかな」「しつけがうまくできていないのかな」と自分を責める方もいますが、決してそんな事はありません。

 

多動症は遺伝や様々な環境要因が影響している事が多いですし、子供に対する接し方や環境を変えるだけで改善するケースもたくさんあります。

 

年齢が上がるにつれて症状が改善してくることもあるので、温かく見守る事もとても大切です。